トップページ > 地球環境システム学講座

地球環境システム学講座のご案内

人間社会を含めた地球環境の総合的解析を行う講座です

地球環境システム学講座では,地球を一つのシステム(系)と捉えて地球科学の統合的解析を行う講座です。地球環境変動のメカニズムを解明し、持続可能な地球・社会をデザインする研究に取り組んでいます。

リモートセンシング、地質学、地球惑星物理学、気象・気候学、生態系生態学、森林学など、複数の学問分野の知識を組み合わせて、分野間の横断的研究を行い、"新たな研究手法の開発"と"新研究領域の創出"を目指します。

地球環境システム学講座の研究紹介

都市の熱収支/岩相マッピング

リモートセンシングを用いた地球・惑星の解析

リモートセンシングデータを用いて、月・地球の地質構造や地球の熱収支、土地被履を解析し、月の起源や地球環境の解析を目指す。

自然エネルギー技術の開発:マイクロ水力発電/住民主体の地域デザインの研究

持続可能な地球・社会のシステムデザイン

地球を自然と人間がおりなすひとつのシステムととらえ、自然エネルギー技術等を活用した住民主体の地球デザインを目指す。

チェコの黒い森/ハリケーンで倒されたヨーロッパブナ/酸性化に敏感に反応する樹木根

環境変動下における森林地下部生態系

樹木根や土壌など森林地下部生態系の生態生理学的評価を行い、温暖化や酸性化など環境変動が森林に与える影響を明らかにする。

地球環境システム学講座の詳細はこちら